カセットを聴く

画像
以前の記事に書いたようにデジタルオーディオプレーヤーで音楽を楽しんでいます。でもこれに取り込みやすいCDやダウンロードサイトの音楽は新しいものが多く、かつてレコードで聴いていた楽曲を何とかデジタルで聴けないものかと思ってました。そこでアナログ音源をパソコンに取り込む録音を試みました。十年ぐらい前にダビングしてあったブルースのカセットをパソコンに取り込んでみます。レコードプレーヤーはもしかしたら使えるかもしれないのですが、残念なことにイコライザアンプで使えそうなものがありません。アナログの音源はいまや年代もののWalkmanになりました。
アナログ音源の取り込みはCD→WAV→MP3というサイトを参考にしました。ウォークマンのヘッドホン出力をパソコンのライン入力につないで録音します。
Windowsに付属のサウンドレコーダーでは1分までしか録音できないので、WAVERECというフリーソフトを使わせていただきました。画像はヘルプファイルに付属していた操作画面の画像です。約44kHzのサンプリングで16bitの分解能だそうです。アナログ-デジタル変換の仕様としてはまずまずでしょう。もう少しクオリティを上げたければ別途サウンドキャプチャ(例えば)などを用意する必要があるんでしょう。
これで、拡張子がwavのwaveファイルというのができます。画像で言えば、BMPみたいなもので16bit(2Byte)が1秒間に44000個できるので、数分の楽曲では数十メガバイトの大きなファイルになります。これを、圧縮してMP3にするには、エンコードソフトを使いますが、初心者にも扱いよさそうな午後のこーだというのを使わせていただきました。この時点で演奏者やジャンルなどをファイルに書き込めます。
WAVERECの方はLPレコードをカセットに録る感覚でできます。今回は使いませんでしたが、編集ができるので、頭だしなども工夫できそうです。ただ、編集機能は完全ではないので作者によれば謝るので許して欲しい、とのこと。いやいや、ただでこんなものを提供していただいといて文句は言いません。
午後のこーだの方もとても簡単に使えました。
ちなみに、MP3にしたのは、Loan Me a Dime [ Fenton Robinson], Hoodoo man Blues,Early in the Morning [Junior Wells], Spider in My stew [Buster Benton]. Evil [Howlin' Wolf]

去年ぐらいから音楽の配信サイトを利用するようになって、その延長で音楽に関係したキーワードで検索をかけたりすることが最近多くなっています。BlueNoteのJukeboxなどただで聴ける音楽サイトが海外にはかなりあります。それと、YouTubeGoogleなどでライブの模様を映した動画を見ることができることも最近知りました。おすすめを私のサイトにUPしてあります。

この記事へのコメント

CB450
2006年11月25日 14:28
参考になりました

この記事へのトラックバック